お知らせ

2018.10.05【新製品】全自動運転の床ずれ防止エアマットレスを発売

~電源を入れるだけで体重や状態を検知しかたさを調節~

当社は、電源を入れるだけで寝た人の体重や状態を検知し、床ずれ防止に効果的なかたさに調節するエアマットレス「ここちあ利楽(りらく)」を11月1日に発売します。

             

 「ここちあ利楽」は、利便性と体圧分散性を兼ね備えた床ずれ防止エアマットレスです。電源を差し込むだけで、寝た人の体重、体形、姿勢の変化を検知し、自動でマットレスのかたさを設定するシステム〔特許出願中〕を搭載。従来必要だった体重やかたさ設定などの操作が不要となり、専門知識がない方でも使用できるようになりました。

 また、エアマットレスとしては業界で初めて通気性のあるカバー〔特許出願中〕をラインアップに追加。通気タイプは、マットレス内に乾いた空気をおくる除湿機能と一緒に使用することで、床ずれの原因となる皮膚の蒸れを従来品以上に軽減するほか、カバーを取り外して洗浄することもできます。

 さらに、ICU(集中治療室)用マットレス以外では初めて、電動ベッドから電源供給を受けることができる機能〔特許出願中〕を備えました。オプションのケーブル(別売り)を使うとマットレスの電源コードが不要となります。

 ラインアップは、カバー表面が通気性と通水性を備えた「通気タイプ」と、耐薬品、防水性に優れた「清拭タイプ」の2種類。目標販売枚数は年間4,000枚。価格はオープン。主な特長と仕様は別紙のとおりです。

 なお、本年10月10日から3日間、東京ビッグサイトで開催される「第45回 国際福祉機器展」に本製品を出展いたします。

※画像はここちあ利楽(通気タイプ)

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談