知る・学ぶ

見守り支援システム 眠りSCAN

眠りSCANはマットレスの下に設置したセンサにより、体動(寝返り、呼吸、心拍など)を測定し、睡眠状態を把握します。
眠りSCANを活用することでケアプランの改善やスタッフの業務負担軽減、入居者の生活習慣の改善などにお役立ていただけます。

眠りSCAN

眠りSCANの設置方法・測定方法

センサをマットレスの下に敷いてスイッチを入れるだけで測定可能です。
測定されたデータは自動で機器本体の内蔵メモリーに記録されます。
記録されたデータの閲覧や管理は眠りSCAN Viewerをインストールしたパソコンで行うことができます。
※センサを使用するにはAC電源が必要です。

画像

安心な見守りとタイムリーな介護をサポートする「システム」

センサで得られた入居者の状態を、パソコンや携帯端末でリアルタイムに確認することができます。

また、予めお知らせの設定をすることで、入居者の状態変化があった場合はその情報を各端末に通知することも可能です。
これらの機能を活用することで、入居者やスタッフにとって安心な見守りとタイムリーな介護をサポートします。

画像

入居者の状態を一覧表示「リアルタイムモニター機能」

パソコンなどの端末で、施設の各入居者の状態をリアルタイムに一覧で表示されます。例えば夜間、各入居者の睡眠や覚醒状態を確認することで、スタッフは効率的に適宜必要なケアを提供することができます。

画像

画像

・目が行き届く安心な見守り
居室での「睡眠・覚醒・起き上がり・離床」が分かるので、スタッフの少ない夜間も入居者の状況に合わせた介護・見守りが可能です。

・入居者の生活や行動に合わせた介護
目が覚めているときに介護をすることで、介護の優先順位づけ、入居者の安全・安心、満足度の向上につながります。

・スタッフの労働環境の改善
居室での状況が見える化されることで、行動の変化が予測できるようになりスタッフの精神的負担を減らすことが見込めます。
また、無駄な訪室回数を減らすことができ、効率的な業務がおこなえます。

生活状況の見える化による体調変化の早期発見

居室での状況が見える化されることで、行動の変化が予測できるようになりスタッフの精神的負担を減らすことが見込めます。
また、無駄な訪室回数を減らすことができ、効率的な業務がおこなえます。

入居者の状態変化が把握できる「睡眠日誌・呼吸日誌」

測定したデータは睡眠日誌や呼吸日誌として長期的変動を記録、閲覧することができます。

・睡眠日誌で生活リズムを把握
生活リズムを把握することで個人に合わせたサービスを提供することができます。
入居者の生活リズムに合わせてサービスを提供することで、生活習慣の改善を図ることができます。
下図ではサービスを改善することによって入居者の夜間の覚醒(オレンジ色部分)が減り、しっかりお休みになられていることが分かります。

・呼吸日誌で体調変化を早期発見
呼吸数の長期的変動を日誌として記録しています。
呼吸数の変化を見ることで体調変化を早期に発見、対応することができます。
例えば、入居者の体調変化により呼吸数が増えた場合、下図のように赤く表示されます。

画像

眠りSCANの精度検証結果

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談