楽匠Zシリーズ(2モーション スマートハンドル付) KQ-7222S
ベッドの傾斜を組み合わせたまったく新しい背あげ機構 ラクリアモーションを搭載した電動介護用ベッドです。
  • ●新機構・ラクリアモーションに加え、背の角度と
  •  ベッドの高さが個別に操作可能
  • ●高さ調整は21cmから64.5cmまでの垂直昇降方式
  • ●使いやすい表示パネル付き手元スイッチ
サイズ 全長196.3・全幅99.9・全高61.7〜105.2cm・質量87kg
価格 オープン価格【非課税】
TAISコード 00170-000782
備考 停電時にもベッドを手動で操作できるスマートハンドル付き
  • 2モーション電動ベッド(背・高さ)

    楽匠Zの2モーションシリーズは「ラクリアモーション(2種類)」と「背膝連動」そして「背ボトム単独動作」による4種類の背あげ機能(起きあがり補助機能)と、ベッドの高さ調節機能を搭載しています。

    131129_12_Z_icon_rakulear.jpg
    131129_14_Z_icon_se.jpg
    131129_16_Z_icon_highLow.jpg
    ベッドの傾斜を組み合わせた新しい背あげ機構・ラクリアモーション

    2モーションシリーズのラクリアモーションは、従来の背膝連動による背あげ動作にベッドの傾斜を組み合わせた新しい背あげ機構です。背あげにともなう身体のずれや圧迫感を軽減するとともに、骨盤の立った安定した姿勢で身体を起こします。ラクリアモーションには2種類あり、初期状態ではベッドの最大傾斜角度が約5°になります。手元スイッチの側面にある連動切換スイッチで「足(低)」を選択することで最大傾斜角度が約10°まで動作するように切り換えられます。ベッドの傾斜によりフットボード側が低くなるため、ベッドですごしているときに天井方向に向かいがちだった視線が生活空間に向きやすくなります。また、従来の背あげ姿勢(長座位)に比べて身体が動かしやすいので、視界も広がりやすくなります。ラクリアモーションは手元スイッチの「連動」ボタンで操作できます。

    ※ラクリアモーションは背膝連動の状態になっており、識別プラグがコントロールボックスに接続されていないと使用できません。

    【ビデオ】楽匠Z・ラクリアモーションによる背あげ(2モーションシリーズ)02:26

    131016_01_KQ7231.jpg
    131016_02_KQ7231.jpg
    131016_03_KQ7231.jpg
    131016_04_KQ7231.jpg
    背膝連動による背あげ

    手元スイッチの「頭」ボタンを操作することで、背ボトムと連動して膝ボトムが動作します。背ボトムを約75°まであげたときに膝ボトムは約14°まであがります。足ボトムステーを使用することにより膝をあげたときの足先の角度を2段階に切換えることができます。

    ※背膝連動を使用するには、ベッドを組み立てるときに背膝連動管を付け替える必要があります。

    背ボトム単独動作による背あげ

    手元スイッチの「頭」、ボタンを操作することで背ボトムの角度を水平から約75°まで調節できます。

    ※背ボトムを単独で動作させる場合には、背膝連動管を工場出荷時の状態にする必要があります。

    ベッドが前後に動かない垂直昇降方式の高さ調節機能

    手元スイッチの「高さ」ボタンを操作することでベッドの高さ(ゆかからボトム上面までの高さ)を約21cmから約64.5cmまで調節できます。高さ調節をする時にベッドが前後に動かない垂直昇降方式を採用しています。低床のため、背に低い方でもかかとをしっかりゆかにつけることができます。また、万一ベッドから転落したときにも衝撃を軽減できます。ベッドの高さは最大で64.5cmまであげることができるので、介護する方が背の高い場合でも腰に負担のかかりにくい姿勢がとれます。

    131016_28_KQ7331.jpg
    131016_29_KQ7331.jpg
    よく使うポジションを登録、ボタンひとつで移行可能。

    「メモリー」のボタン「1」「2」にひとつずつ、よく使うポジションやお好みのポジションを簡単に登録できます。ボタンを押していると、背の角度とベッドの高さが順次自動的に動作して、登録されたポジションへ移行します。

    大きくはっきりした文字が見やすい表示パネル付き手元スイッチ

    旧機種よりも軽量でコンパクト、手に馴染みやすい形状でさらに使いやすくなりました。操作内容ごとに色分けされたデザインを採用し、「上がる」「下がる」ボタンを指先でも識別できるように突起を設けています。さらに表示パネルには大きくはっきりとした文字でベッドの角度や高さを表示するなど、わかりやすく正確に操作できるように配慮しています。

    170417_02_2Mswitch.jpg
    170417_04_switch.jpg
    170417_05_switch.jpg
    使い方に合わせてベッドの機能を選択可能

    手元スイッチの裏面の設定ボタンを押すとベッドの機能を選択できる設定モードになります。設定モードにしてから、表面の各操作ボタンでベッドの機能を選択します。再度、設定ボタンを押すと選択した内容が確定されます。 使い方に合せて以下の内容を選択できます。・操作禁止:手元スイッチによる操作の「有効(操作可能)/ロック(操作禁止)」を動作部位ごとに設定できます。・速さ切換:頭・高さの動作速度を「普通/速い」に切り換えます。・自動オフ:常に電源「ON」の状態(初期設定)と、手元スイッチを60秒間操作しないと自動的に電源「OFF」にする自動オフ機能が有効な状態とを切り換えます。・操作音:手元スイッチ操作時の操作音の「入/切」を切り換えます。・メモリー:現在のポジションを仮登録します。

    ※設定ボタンを一度押してから20秒間操作がおこなわれないと、設定は反映されず元の状態に戻ります。

    170417_08_switch_t.jpg
    170417_09_switch_t.jpg
    停電時にもベッドを手動で操作できるスマートハンドルが付属

    災害などによる停電時でもベッドを手動で操作できるスマートハンドルが付属しています。コードをつないだまま収納ケースに入れて常時ベッドに備え付けできるので、必要なときはすぐに使用できます。切換スイッチを操作することで動作部位を切り換えることができるので、コードをつなぎなおす必要がありません。

    ※スマートハンドルではベッドの背のあげさげ、頭側の高さのさげができます。ベッド全体の高さ調節はできません。

    【ビデオ】停電時でもベッドを操作できるスマートハンドルの使い方。04:45

    131109_01_KQP70S.jpg
    131109_02_KQP70S.jpg
    131219_11_KQP70S.jpg
    131109_03_KQP70S.jpg
    足側が低いスタイリッシュな木製ボード

    木が持つ暖かな雰囲気を生かしたボードです。足側のボードは低く、ボードとオプション受けが自然な曲線でつながり、落ち着きのあるダークグレー色で引き締めたスタイリッシュなデザインです。ヘッドボード・フットボードは取り外しができます。

    131120_26_KQ7332_t.jpg
    オプション受け

    ベッドの両側にオプション受けを設けています。オプション製品が差し込みやすくなるようにオプション取付穴にはガイドとなる溝を設けています。また、ベッドサイドレールなどの適合するオプション製品を誤った向きに取り付けられないように設計されています。オプション製品を使用しないときには、オプション受けをボトムの下に格納できます。

    ※83cm幅のベッドはオプション受けを格納できません。

    131016_35_KQ7331.jpg
    131016_36_KQ7331.jpg
    131016_37_KQ7331.jpg
    131026_07_KQ7331.jpg
    131026_08_KQ7331.jpg
    ベッド下のスペースが広く、足元がすっきりとした構造です。

    ベッド下のスペースが広いので足を踏み込んで接近しやすく、またベッド下のスペースを必要とするテーブルやリフトなどに対応します。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談