楽匠Zシリーズ(1モーション スマートハンドル付) KQ-7131S
背と膝の連動と、背の単独動作が切り替えられる 電動介護用ベッドです。
  • ●背の角度が調節でき、起きあがりを動作をサポート
  • ●背膝連動と背の単独動作のいずれかに切替可能
  • ●高さは25・30・35cmの3段階に組み替え可能
  • ●使いやすい表示パネル付き手元スイッチ
サイズ 全長212.3・全幅99.9・全高65.7cm・質量65kg
価格 オープン価格【非課税】
TAISコード 00170-000773
備考 停電時にもベッドを手動で操作できるスマートハンドル付き
  • 1モーション電動ベッド(背)

    楽匠Zの1モーションシリーズは「背膝連動」と「背ボトム単独動作」による2種類の背あげ機能(起きあがり補助機能)を搭載しています。

    131129_14_Z_icon_se.jpg
    背膝連動による背あげ

    手元スイッチの「頭」ボタンを操作することで、背ボトムと連動して膝ボトムが動作します。背ボトムを約75°まであげたときに膝ボトムは約14°まであがります。足ボトムステーを使用することにより膝をあげたときの足先の角度を2段階に切換えることができます。

    ※背膝連動を使用するには、ベッドを組み立てるときに背膝連動管を付け替える必要があります。

    背ボトム単独動作による背あげ

    手元スイッチの「頭」、ボタンを操作することで背ボトムの角度を水平から約75°まで調節できます。

    ※背ボトムを単独で動作させる場合には、背膝連動管を工場出荷時の状態にする必要があります。

    ベッドの高さは3段階に設定可能

    ベッドの高さ(ゆかからボトム上面までの高さ)を25.・30・35cmの3段階いずれかに設定できます(後から組み替えることも可能です)。

    大きくはっきりした文字が見やすい表示パネル付き手元スイッチ

    旧機種よりも軽量でコンパクト、手に馴染みやすい形状でさらに使いやすくなりました。操作内容ごとに色分けされたデザインを採用し、「上がる」「下がる」ボタンを指先でも識別できるように突起を設けています。さらに表示パネルには大きくはっきりとした文字でベッドの角度を表示するなど、わかりやすく正確に操作できるように配慮しています。

    170417_03_1Mswitch.jpg
    170417_04_switch.jpg
    170417_05_switch.jpg
    使い方に合わせてベッドの機能を選択可能

    手元スイッチの裏面の設定ボタンを押すとベッドの機能を選択できる設定モードになります。設定モードにしてから、表面の各操作ボタンでベッドの機能を選択します。再度、設定ボタンを押すと選択した内容が確定されます。 使い方に合せて以下の内容を選択できます。・操作禁止:手元スイッチによる操作の「有効(操作可能)/ロック(操作禁止)」を設定できます。・自動オフ:常に電源「ON」の状態(初期設定)と、手元スイッチを60秒間操作しないと自動的に電源「OFF」にする自動オフ機能が有効な状態とを切り換えます。

    ※設定ボタンを一度押してから20秒間操作がおこなわれないと、設定は反映されず元の状態に戻ります。

    170417_08_switch_t.jpg
    170417_09_switch_t.jpg
    停電時にもベッドを手動で操作できるスマートハンドルが付属

    災害などによる停電時でもベッドを手動で操作できるスマートハンドルが付属しています。コードをつないだまま収納ケースに入れて常時ベッドに備え付けできるので、必要なときはすぐに利用できます。

    ※1モーションシリーズでは、スマートハンドルで背のあげさげが可能です。

    【ビデオ】停電時でもベッドを操作できるスマートハンドルの使い方。04:45

    131109_01_KQP70S.jpg
    131109_02_KQP70S.jpg
    131219_11_KQP70S.jpg
    利便性と安全性に配慮したセーフティーラウンドボード

    ボード上部はつかまりやすいグリップ形状になっており、ベッド周辺を移動するときに手すりとして利用できます。両端のグリップは、ベッドサイドレールや介助バーと重なるように設計されているので、すき間を少なくできます。また、フットボード側収納カバーには連絡ノートや説明書などが収納できます。収納カバーは開け閉めできるので埃がたまりにくくなっています。ヘッドボード・フットボードは軽量な樹脂製なので簡単に取り外しができます。

    131016_30_KQ7331.jpg
    131016_38_KQ7331.jpg
    131016_39_KQ7331.jpg
    オプション受け

    ベッドの両側にオプション受けを設けています。オプション製品が差し込みやすくなるようにオプション取付穴にはガイドとなる溝を設けています。また、ベッドサイドレールなどの適合するオプション製品を誤った向きに取り付けられないように設計されています。オプション製品を使用しないときには、オプション受けをボトムの下に格納できます。オプション受けを使用する状態では、ボードとオプション受けが自然な曲線でつながる一体感のあるデザインです。

    ※83cm幅のベッドはオプション受けを格納できません。

    131016_35_KQ7331.jpg
    131016_36_KQ7331.jpg
    131016_37_KQ7331.jpg
    131026_07_KQ7331.jpg
    131026_08_KQ7331.jpg
製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談