楽匠Sシリーズ KQ-9652
安全性を高めた最新のJIS規格で認証を取得。 超低床タイプの介護用電動ベッドです。
  • ●液晶表示付き手元スイッチで、らくらくモーション、
  •  背・膝の角度、ベッドの高さが個別に操作可能
  • ●超低床20cmから65cmまでのロングストローク
  • ●インテリア性を重視した高級感のある木製ボード
  • ●適合するベッドオプションとの組み合わせにおいて
  •  JIS T 9254の認証を取得
サイズ 全長203・全幅109・全高59~104cm・質量99kg
価格 オープン価格
TAISコード 00170-000679
備考 ゆとりの100cm幅ワイドサイズ
  • より安定した姿勢で起きあがれるらくらくモーション

    背ボトムと膝ボトムの上げ下げを組み合わせた人間工学に基づく動作制御システムです。背ボトムの角度調節にともなうからだのずれや圧迫感を大幅に軽減し、姿勢のくずれにくい起きあがりを、ボタン操作ひとつで実現します。

    ※背ボトムと膝ボトムの動作、その6500通りを超える組み合わせの中から、からだのずれや圧迫感が最も少ない理想的な動作をプログラムしました。

    【ビデオ】らくらくモーションの動き

    KIND_ill_01.jpg
    KIND_ill_02.jpg
    KIND_ill_03.jpg
    KIND_ill_04.jpg
    KIND_ill_05.jpg
    KIND_ill_06.jpg
    伸びながら曲がるキューマラインボトム

    ボトムに取り付けたすのこ状の連結部分が、背ボトムの角度の変化にともなうからだの動きと曲線に合わせて、伸びながら曲がります。従来の分割ボトムに比べて、からだのずれを抑えるとともに胸やおなかへの圧迫感を軽減します。

    04cat_kymaLine_1.jpg
    液晶表示付きの手元スイッチで、ベッドポジションの操作が可能

    手元スイッチのボタン操作で、らくらくモーションによる起きあがりのほかに、背ボトムの角度(0~75°)・膝ボトムの角度(0~30°)・ベッドの高さ(ゆかからボトム上面までの高さ20~65cm)が個別に調節できます。

    ※※らくらくモーションと背ボトムの角度調節は、手元スイッチのらくらく切替ボタンで切り替えます。

    position_rakurakumotion.jpg
    position_seage075.jpg
    position_hizaage030.jpg
    position_highlow2065.jpg
    角度制限機能付き

    ベッドポジションを操作するときに、背ボトムと膝ボトム間が必要以上に狭くならないように配慮した設計で、90°以下にならないように動作します。

    070618_01_kakudoseigen_kyma.jpg
    足ボトム角度調節機能

    足ボトムステーを手動で操作することによって、膝ボトムをあげたときの足先の角度を2段階に調節できます。

    090409_01_KQ9631.jpg
    布団に慣れた方にも不安を与えにくい超低床20cm

    最も低い状態で前機種より5cm低い20cm。布団から移行する違和感が少なく、万一転落した時の衝撃を緩和できます。ベッドサイドレールの代わりにサイドサポートを併用するなどして、拘束感を与えにくく、ベッドから離れやすい組み合わせも可能です。

    090306_08_teisho.jpg
    高低差の広い高さ調節機能

    新開発のGXフレーム構造により、ベッドが前後に動かない垂直昇降方式で超低床20cmから65cmまでの高低差の広い調節ができます。前機種と比較して7cm高くできるので、介護する方は腰に負担がかかりにくい姿勢で作業できます。

    090324_10_KQ9631.jpg
    安全性に配慮した一旦停止機能

    ベッドのフレームに足や周辺の物を挟まないように、ベッドの高さをさげるときには、ボトムの高さが約28cmになるとブザーを鳴らして一旦停止します。再度↓ボタンを押すと、ブザーを繰り返し鳴らしながら最低位(20cm)まで、通常より低速でさがります。

    ※28cm以下で停止しているときにベッドをさげると一旦停止せずに最低位(20cm)までさがります。

    090324_14_KQ9631.jpg
    操作性と安全性に配慮した手元スイッチ

    操作したボタンに応じて、その内容を絵記号と数値で表示する液晶表示付き。表示内容を見ながら操作することで、ご本人だけでなく介護する方が交代した場合でも、適切な角度や高さを容易に再現できるように配慮しています。誤操作を予防するために、新たに電源ボタンを搭載しています。

    ※手元スイッチの裏面にあるボタンで機能の切り替えができます。(1)全禁止(入/切):手元スイッチのボタン操作をロック(禁止)に設定。(2)部位動作(有効/禁止):動作個所ごとに操作の「有効/ロック(禁止)」を切り替え。(3)速さ切換(普通/速い):背ボトムと高さ調節の動作速度を切り替え。(4)操作音(入/切):3秒以上押すことで、すべての設定を初期状態に戻すリセットボタンとしても使用可能。また、手元スイッチは耐薬品性に優れた樹脂を使用しています。防水能力はJIS保護等級IPX6(耐水形)に準拠しています。

    121116_01_KQ9631.jpg
    点検お知らせ機能

    より安全に使えるように、手元スイッチの交換時期が近づくと、手元スイッチに点検お知らせ表示が点灯します。交換時期になった場合は、点検お知らせ表示の点滅で知らせます。

    090306_07_switch.jpg
    手元スイッチの取り回しに便利なコードクリップが付属

    手元スイッチはベッド左右どちらにでも付け替えられます。手元スイッチのコードがゆかに着かないように、ベッドサイドレールなどに取り付けられるコードクリップが付属します。

    090306_01_clamp.jpg
    取り外しのできる木製ボード

    木製ボードはベッドサイドレールや介助バーとの間にできるすき間を少なくした新設計です。取り外しも可能。ベッドの両側に設けたオプション受けにもボードと同色の木目シート仕上げを施しています。

    ※ボードの材質はMDFなど(オレフィン系シート張り)

    090306_02_KQ9632.jpg
    使用しないときには格納できるオプション受け

    ベッドの両側にオプション受けを設けています。ベッドサイドレールなどのオプション製品を誤った向きに取り付けられないように設計されています。また、オプション製品を使用しないときには、離床動作などの妨げにならないように、オプション受けをボトムの下に格納できます。

    ※オプション受けを使用・格納するときには、オプション受けのツメを本体の四角い穴に入れて、ノブボルトでしっかりと固定してください。

    090306_05_opUKE.jpg
    090306_06_opUKE.jpg
    090304_01_KQ9632.jpg
    省スペース設計

    高さ調節の垂直動作、オプション受けの格納などにより、前機種の同タイプと比較してベッドの設置に必要な面積が最大で約10%減少します。

    運転音の静かなアクチュエーターを使用

    独自に開発したアクチュエーターを使用。運転音を大幅に抑えたばかりか寝室に適した音量・音質を実現していますので、夜間でも気兼ねなくベッドの操作ができます。

    JIS認証を取得

    柵(ベッドサイドレール)などの適合するオプション製品を取り付けた時にできる”すき間”についてJIS規格に定められた寸法を遵守しています。またその組み合わせについて在宅用電動介護用ベッドに関するJIS規格(JIS T 9254)の認証を取得しています。

    ※JIS規格に規定された品質要求事項に適合し、製造品質管理体制が省令等に定められた基準を満足することを、認証機関であるJQA(日本品質保証機構)により認証された製品です。

    161108_01_JIS.jpg
製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談