『楽匠~自立促進シリーズ』 起きあがりベッド KQ-70240
ベッドをお使いになるご本人の力を活用しながら ベッドからの起きあがりを支援します。
  • ●背の角度が調節でき、起きあがりを動作を支援
  • ●補助する範囲を設定できるリミッター機能
  • ●ベッドの両側につかみやすいサポートウィングを装備
  • ●ベッドの操作内容を確認できる「操作履歴ONLINE」
  • ●介護用のイメージを感じさせないボードデザイン
  • ●お使いになる方に合わせて選べる豊富なオプション
サイズ 全幅1101・全長2013・全高652、692、732mm
価格 ¥263,000.(税抜)
  • 背ボトムの角度を調節でき、起きあがりを動作を支援

    手元スイッチのボタン操作で、背ボトムの角度(0~65°)を調節できます。背ボトムの回転軸を起きあがり動作の回転軸である大腿の付根(大転子)に近づけた設計とし、からだのずれと圧迫感を軽減しています。

    position_seage065.jpg
    position_highlow232731.jpg
    補助する範囲を設定できるリミッター機能

    背ボトムをあらかじめ設定した角度で自動的に停止させることができます。動作をすべて電動ベッドで補助せずに、ご本人の力で起きあがるように促します。停止させる角度は手元スイッチのメモリーボタンを使用して設定します。

    ※自動停止したあとで再度↑(または↓)ボタンを押すと、設定した角度以上(または以下)に動かすことができます。リミッター(メモリーボタン)で設定する角度は、理学療法士や作業療法士などの専門職と相談し、ご試用のうえ決定してください。

    limiterbutton.jpg
    伸びながら曲がるキューマラインボトムを採用

    ボトムに取り付けたすのこ状の連結部分が、背ボトムの角度の変化にともなうからだの動きと曲線に合わせて、伸びながら曲がります。従来の分割ボトムに比べて、からだのずれを抑えるとともに胸やおなかへの圧迫感を軽減します。

    04cat_kymaLine_1.jpg
    ベッドの高さは3段階から選択可能

    ベッドの高さは、ベッドを設置する際に23cm、27cm、31cmの3段階から選択できます(組み替えも可能です)。

    ※ベッドの高さは、ゆかからボトム上面までの高さです。マットレスの厚みは含みません。

    high_low_ill.jpg
    確実な操作をサポートする液晶表示付き手元スイッチ

    手元スイッチを操作すると、手元スイッチに搭載した液晶画面には背ボトムの角度を数値で表示し、確実な操作をサポートします。また、背ボトムの動作角度を設定するメモリーボタンを搭載しています。

    ※手元スイッチの裏面にあるボタンで機能の切り替えができます。(1)手元操作選択:操作の(可能/禁止)を切り替え。(2)あたま速度(普通/速い):背ボトムの動作速度を切り替え。(3)操作音(入/切)(4)リセット:すべての設定内容を初期状態に戻す。また、手元スイッチは耐薬品性に優れた樹脂を使用しています。防水能力はJIS保護等級IPX6(耐水形)に準拠しています。

    050711_001.jpg
    030519_09.jpg
    介護用のイメージを抑えた木目調のボードデザイン

    フットボードが低く、木目のデザインを加え、インテリア性の高いデザインです。ボードは軽量な樹脂製なので、ベッドから容易に取り外すことができ、頭側や足側からの作業やベッドメークをするときに便利です。

    ※ヘッドボードはABS(木目シート張り)。フットボードはPP(木目シート張り)。

    board_dark.jpg
    ベッドの両側につかみやすいサポートウィングを装備

    寝返りから起きあがりの一連の動作を通して、ベッドの両側のつかみやすい位置につかみやすい形状のサポートウィングを装備しています。サポートウイングはボードと同じ木目調の仕上げで、デザインを引き立てます。

    supportwing_dark.jpg
    050811_013.jpg
    お使いになる方に合わせて選べる豊富なオプション

    お使いになる方の身体状況に合わせて選べるように、形状が異なるオプション製品を豊富に用意しています。オプション製品の位置を調節する機能も充実しており、動作をより安定させやすくすることができます。

    ベッドの操作内容を確認できる「操作履歴ONLINE」

    無線とインターネットを介して、ベッドの操作状況やメンテナンス情報を閲覧できるばかりか、電子メールで受け取ることができます。ベッドが正しく使われているかどうか確認でき、適切なアドバイスが可能になります。

    ※「操作履歴ONLINE」を利用する場合には、通信ユニット(別売)をベッドに取り付けて、利用の申し込みをする必要があります。操作履歴用ケーブル(別売)を使用してベッドとパソコンを接続し、ベッドの操作内容を記録したデータを取得することもできます(ベッドには約293回分のデータが記録できます)。

    051109_004.jpg
    051109_005.jpg
    051109_006.jpg
    051109_007.jpg
    051109_008.jpg
    KQ087_display.jpg
    安全にお使いいただくために

    ベッドを壁などに寄せて使用する場合、ベッドと壁などの間にすき間が生じます。このすき間に頭、手、足など身体の一部が挟まれないようにご注意ください。 ベッドの設置状況やご本人の状態に応じて、ベッドサイドレールやサイドスペーサーなど当社指定のオプション製品をご使用ください。

    051109_001.jpg
製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談