超低床ベッド FeeZシリーズ KA-78337
パラマウントベッド独自の快適な背あげ機構に 超低床化による安全性と安心感をプラスした3モーター電動ベッド。
  • ●独自機構らくらくモーションによる起きあがりに加えて、
  •  背・膝の角度、ベッドの高さが個別に操作可能
  • ●超低床15cmから55cmまでの垂直昇降方式
  • ●使いやすい表示パネル付き手元スイッチ
  • ●取り外しができる木製ボード(ハイタイプ)
サイズ 全長207.3・全幅99.9・全高55.5〜95.5cm・質量97.5kg
価格 オープン価格【非課税】
  • より安定した姿勢で起きあがれるらくらくモーション

    背ボトムと膝ボトムの上げ下げを組み合わせた人間工学に基づく動作制御システムです。背ボトムの角度調節にともなうからだのずれや圧迫感を大幅に軽減し、姿勢のくずれにくい起きあがりを、ボタン操作ひとつで実現します。

    ※背ボトムと膝ボトムの動作、その6500通りを超える組み合わせの中から、からだのずれや圧迫感が最も少ない理想的な動作をプログラムしました。

    151119_03_feezRakRak_1.jpg
    151119_04_feezRakRak_2.jpg
    151119_05_feezRakRak_3.jpg
    151119_06_feezRakRak_4.jpg
    伸びながら曲がるキューマラインボトム

    ボトムに取り付けたすのこ状の連結部分が、背ボトムの角度の変化にともなうからだの動きと曲線に合わせて、伸びながら曲がります。従来の分割ボトムに比べて、からだのずれを抑えるとともに胸やおなかへの圧迫感を軽減します。

    04cat_kymaLine_1.jpg
    表示パネル付き手元スイッチで、ベッドポジションの操作が可能

    手元スイッチのボタン操作で、らくらくモーションによる起きあがりのほかに、背ボトムの角度(0~75°)・膝ボトムの角度(0~30°)・ベッドの高さ(ゆかからボトム上面までの高さ15~55cm)が個別に調節できます。

    151119_pos_rakrak.jpg
    150210_pos_se_075.jpg
    14_position_hizaage_030.jpg
    151119_pos_hilo_1555.jpg
    よく使うポジションを登録、ボタンひとつで移行可能。

    「メモリー」のボタン「1」「2」にひとつずつ、よく使うポジションやお好みのポジションを簡単に登録できます。ボタンを押していると、背・膝の角度とベッドの高さが順次自動的に動作して、登録されたポジションへ移行します。

    角度制限機能付き

    ベッドポジションを操作するときに、背ボトムと膝ボトム間が必要以上に狭くならないように配慮した設計で、90°以下にならないように動作します。

    070618_01_kakudoseigen_kyma.jpg
    足ボトム角度調節機能

    足ボトムステーを手動で操作することによって、膝ボトムをあげたときの足先の角度を2段階に調節できます。

    14_position_asikakudo_2.jpg
    布団に慣れた方にも不安を与えにくい超低床15cm

    最も低い状態でゆかからボトム上面までの高さ15cm。布団から移行する違和感が少なく、万一転落した時の衝撃を緩和できます。ベッドサイドレールの代わりにサイドサポートを併用するなどして、拘束感を与えにくく、ベッドから離れやすい組み合わせも可能です。

    151013_08_KA78330.jpg
    ベッドが前後に動かない垂直昇降機構

    ベッドが前後に動かない垂直昇降方式なので、ベッドの設置面積が少なく済みます。また、高さは55cmまでの調節ができます。ベッドからの立ちあがりやケアする方にも配慮した設計です。

    151119_02_feezHL.jpg
    安全性に配慮した一旦停止機能

    ベッドの高さをさげるときに足や周辺の物を挟まないように、ボトムの高さが約29cmになるとブザーを鳴らして一旦停止します。再度↓ボタンを押すと、ブザーを繰り返し鳴らしながら最低位(15cm)まで、通常より低速でさがります。

    ※29cm以下で停止しているときにベッドをさげると一旦停止せずに最低位(15cm)までさがります。

    大きくはっきりした文字が見やすい表示パネル付き手元スイッチ

    旧機種よりも軽量でコンパクト、手に馴染みやすい形状でさらに使いやすくなりました。操作内容ごとに色分けされたデザインを採用し、「上がる」「下がる」ボタンを指先でも識別できるように突起を設けています。さらに表示パネルには大きくはっきりとした文字でベッドの角度や高さを表示するなど、わかりやすく正確に操作できるように配慮しています。

    170417_01_3Mswitch.jpg
    170417_04_switch.jpg
    170417_05_switch.jpg
    使い方に合わせてベッドの機能を選択可能

    手元スイッチの裏面の設定ボタンを押すとベッドの機能を選択できる設定モードになります。設定モードにしてから、表面の各操作ボタンでベッドの機能を選択します。再度、設定ボタンを押すと選択した内容が確定されます。 使い方に合せて以下の内容を選択できます。・操作禁止:手元スイッチによる操作の「有効(操作可能)/ロック(操作禁止)」を動作部位ごとに設定できます。・速さ切換:頭・高さの動作速度を「普通/速い」に切り換えます。・自動オフ:常に電源「ON」の状態(初期設定)と、手元スイッチを60秒間操作しないと自動的に電源「OFF」にする自動オフ機能が有効な状態とを切り換えます。・操作音:手元スイッチ操作時の操作音の「入/切」を切り換えます。・メモリー:現在のポジションを仮登録します。

    ※設定ボタンを一度押してから20秒間操作がおこなわれないと、設定は反映されず元の状態に戻ります。

    170417_08_switch_t.jpg
    170417_09_switch_t.jpg
    手元スイッチの取り回しに便利なコードクリップが付属

    手元スイッチはベッド左右どちらにでも付け替えられます。手元スイッチのコードがゆかに着かないように、ベッドサイドレールなどに取り付けられるコードクリップが付属します。

    足側も高いハイタイプの木製ボード

    木が持つ暖かな雰囲気を生かしたボードです。足側のボードを頭側と同じ高さにしたハイタイプ。ヘッドボード・フットボードは取り外しができます。

    使用しないときには格納できるオプション受け

    ベッドの両側にオプション受けを設けています。ベッドサイドレールなどのオプション製品を誤った向きに取り付けられないように設計されています。また、オプション製品を使用しないときには、離床動作などの妨げにならないように、オプション受けをボトムの下に格納できます。

    ※オプション受けを使用・格納するときには、オプション受けのツメを本体の四角い穴に入れて、ノブボルトでしっかりと固定してください。

    運転音の静かなアクチュエーターを使用

    独自に開発したアクチュエーターを使用。運転音を大幅に抑えたばかりか寝室に適した音量・音質を実現していますので、夜間でも気兼ねなくベッドの操作ができます。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談