車いす(330Sシリーズ) KK-410WB
きちんと「座る」「移動」することはもちろん、 楽に「移乗」できる点にまで配慮した新発想の車いす。
  • ●アンカープレートを設け、たわみを抑えた座面
  • ●姿勢を安定させやすい低座面高
  • ●アームレストの跳ねあげ、取り外しが可能
  • ●レッグサポートのスイングアウトと取り外しが可能
  • ●さらに使いやすい各部の調節機能
  • ●タックルブレーキで車輪のロックが可能
サイズ 全幅660・全長966・全高873mm
価格 ¥198,000.【非課税】
備考 自走タイプ
  • アンカープレートを設け、たわみを抑えた座面

    座面がたわんで骨盤を傾けてしまわないように、座面の下にアンカープレートを設けています。アンカープレートは坐骨部分を一段さげることで、骨盤を支え、床ずれの原因となる骨盤の前滑りを防ぎ、姿勢の崩れを抑えます。

    030917_04_330S_illust.jpg
    座面の幅と高さが調節できます。

    クッションを含めた最低前座高は38.6cm。前座高は38.6~41.6cmまで4段階に調節できます。座幅は38、40、42cmの3段階に調節できます。

    バックサポートの調節機能

    バックサポートには6本のベルトを装備しており、それぞれの張りを調節して背中の形状に合わせられます。

    030917_05_330S_illust.jpg
    アームサポートの跳ねあげ、取り外しが可能

    アームサポートの高さは6段階に調節できます。高さが適切だと上体が支えやすく、身動きもしやすいので、疲労の軽減につながります。また、跳ねあげや取り外しができるので、さまざまな移乗方法に対応できます。

    030917_09_330S_illust.jpg
    030917_10_330S_illust.jpg
    フット・レッグサポートのスイングアウトと取り外しが可能

    操作が簡単なロックレバーを採用しているので、フット・レッグサポートのスイングアウトと取り外しが容易です。足をゆかに着けて座ることにより座位が安定しやすくなります。また、移乗や足こぎ駆動にも便利です。

    030917_06_330S_illust.jpg
    フットサポートの位置を調節可能

    フットサポート(足のせ台)の高さと前後位置を調節できます。フットサポートに足を乗せて座る場合でも、フットサポートが適切な位置にあると、足の裏でも体重を受け止められ、身動きもしやすいので、座圧の分散を助けます。

    ボックスフレーム構造

    たわみやひずみの少ないボックスフレーム構造です。駆動効率が良く、従来よりも弱い力で楽に動かすことができます。また、座面下の前方に開口部を大きくとることができ、足を引いてもフレームに接触しにくい構造です。

    030917_12_330S_illust.jpg
    自走用

    前輪は6インチキャスター。駆動輪はハンドリム付き20インチのエアータイヤ。手でハンドリムを操作すれば自走が可能です。また、タイヤの空気圧を調節することで、移動にともなう振動などを抑えることができます。

    介助者用ブレーキとタックルブレーキを装備

    移動するとき以外はタックルブレーキを操作して車輪を固定できます。ブレーキレバーの先端が座面より出っ張らないので、移乗用ボードも使いやすい設計です。手押しハンドルには介助用ブレーキも装備しています。

    030917_11_330S_illust.jpg
    折りたたみ可能

    クッションとアンカープレートを取り外して折りたたみができます。折りたたんだときの幅は約36.5cmです。バックサポートの折りたたみもできるので、さらにコンパクトに折りたたむことができます。

    豊富なオプション(別売)を用意

    お使いになる方によりフィットさせるための豊富なオプションを用意しています。オプション製品には同時に使用できない組み合わせがあります。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談