お知らせ

2017.12.25【新製品】高機能エアマットレス同等の体圧分散性を持つ静止型床ずれ防止マットレスを発売

 優れた体圧分散性に加え、ずれ・蒸れを軽減する機能を持つ、医療・介護向け床ずれ防止マットレス「エバープラウド」を2018年1月11日に発売します。
 

 「エバープラウド」は床ずれリスクやADL(日常生活動作)に応じて、やわらかさの異なる2つの面、「エクストラソフト面」「ソフト面」を使い分けできるマットレスです。よりやわらかい「エクストラソフト面」では、当社の高機能エアマットレス「ここちあ結起3D」と同等、静止型マットレスでは最高レベルの優れた体圧分散性を実現しました。「ソフト面」は、上層部に高反発素材を用い、体圧分散性に加えマットレス上での動きやすさも併せ持ちます。
 また、内部のクッション材全体を特殊構造のシートで包みカバー内側とクッション材をすべりやすくすることにより、背上げ時に背部や踵部にかかる力を逃し、床ずれリスクを抑えます。
 ラインアップは使用者の特性に配慮し「ドライタイプ」「清拭タイプ」「通気タイプ」の3種類を用意しました。「ドライタイプ」は、カバー表面に耐薬品・防水性を備えながら吸湿・放湿機能を持つ新素材を採用。身体とマットレスの間に発生する水蒸気を吸収し、身体が接触していない面から放出することで、床ずれ要因の1つと言われる蒸れを軽減するとともに、就寝環境の快適性を向上させます。また、「清拭タイプ」は耐薬品・防水性に優れ清拭消毒に対応、「通気タイプ」は通気・通水性を持ちマットレス洗浄が可能です。
 端座位姿勢を安定させやすいサイドエッジ構造、背上げ等ベッドの動きへの追従性を向上させるクッション材加工を施すなど利用者の安全性、快適性を高めたほか、シーツを簡単に固定できるシーツストッパーを4隅に設けるなどケアを行う方の利便性に配慮しています。
 価格はオープン。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談