知る・学ぶ

介助バー

介助バーは、起き上がりや立ち上がり、車椅子への移乗動作の補助を目的とした、ベッドに取り付けられる手すりです。

寝返りを打つときにつかまる、端座位姿勢を安定させる、車椅子に移乗するときに身体を支持する、立ち上がりから最初の一歩を踏み出すときまで手すりとなるなど、ベッドから離れる動作全般にご活用いただけますので、介護用ベッドに備えておいて間違いの無いオプションです。

介助バーの選び方

介助バーは必ずベッドに適合する製品をお選びください。
介助バーは身体を支える用具ですので、ベッドにしっかりと取り付けられ、安定しているものが必要です。また、ご利用者がつかまりやすく、すべりにくい材質のものをお選びいただくことも大切なポイントです。

パラマウント製品のポイント

安全への配慮

ベッドとボードとの間にできるすき間を狭くしたデザインです。
パラマウントベッドでは適合する製品の組み合わせにおいて、JIS規格に定められたすき間寸法を厳守し、JIS認証を取得しています。

関連製品
・スイングアーム介助バー
ベッドから離れる動作を支援するばかりでなく、さまざまな局面で利用できます。
・サイドグリップ
開閉部の無いコンパクトなベッド用手すりです。

製品をご検討中のお客様へ
インターネット資料請求・ご相談