知る・学ぶ

呼吸器合併症予防

呼吸器合併症予防・離床支援

患者様の活動レベルに応じて、廃用症候群・VAPなどの二次的合併症予防に効果的といわれる急性期リハビリテーションを「安全に」「効率よく」サポートするI.C.U.ベッドKA-8950シリーズをはじめとするクリティカルケア製品をご提案いたします。

合併症の予防と急性期リハビリテーションの実地

■クリティカルケア

■どうしてからだを起こすといいの

呼吸器合併症予防 床ずれ予防

I.C.U.ベッドKA-8950シリーズの提案

KA-8950シリーズの提案

患者様の活動レベルに応じて、廃用症候群・VAPなどの二次的合併症予防に効果的といわれる急性期リハビリテーションを「安全に」「効率よく」サポートいたします。

「I.C.U.ベッドKA-8950シリーズの提案」を詳しく見る

座位訓練 離床支援

どうしてからだを起こすといいの?

聖路加国際大学大学院 看護学研究科 准教授 大久保 暢子先生
聖路加国際大学大学院
看護学研究科 准教授
大久保 暢子先生

早期から身体状態を判断し、安全に身体を起こし生活行動を維持していくための「起きる看護プログラム」を紹介いたします。

「どうしてからだを起こすといいの?」を詳しく見る