知る・学ぶ

認知症ケア

65歳以上の高齢者の4人に一人は認知症、またはその予備軍である軽度認知障害(MCI)と言われています。
認知症には様々な種類があり、早期発見で治療が可能な場合もあります。また、一度発症すると根治が難しいと言われている疾患であっても、早い段階で対応策を考えて進行を遅らせること、それぞれの状態に合った適切なケアを考えることが重要です。

認知症の進行

  • 軽度認知障害(MCI)とは

    軽度認知障害((MCI:Mild Cognitive Impairment))は、健常者と認知症の中間の段階(グレーゾーン)にあたる認知症の前駆状態のことです。本人や家族からもの忘れなどの訴えがありますが、日常生活は十分に自立した状態を指します。 このMCIの原因となる原疾患が放置された場合、認知症へとステージが進行する場合がありますが、原疾患の治療や生活習慣病予防により、認知機能が改善するケースもあり、早期発見・早期対策が重要です。

    軽度認知障害(MCI)ケアの提案はこちら

  • 認知症とは

    認知症は、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態(およそ6ヵ月以上継続)を指します。
    発症すると、記憶障害、失語、失効などの「中核症状」に加えて、抑うつ、暴力、徘徊、異食、などの「周辺症状」が現れる場合があります。
    認知症患者に対して適切なケアをすることで、「周辺症状」を改善したり、事故のリスクを減らすことが重要です。

    認知症ケアの提案はこちら