ナビゲーションに移動 コンテンツに移動
  • イベント・セミナー
  • ショールーム・支店
  • カタログ・取扱説明書
  • 製品のご紹介
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 製品説明動画・各種マニュアル
  • 医療施設
  • 介護施設
  • 在宅介護
  • パラマウントベッドについて
  • 介護について知る
    • 新製品のご紹介
    • 製品のご紹介
  • 福祉用具を選ぶ
    • 介護の基礎知識
    • 介護を学ぶ
  • 福祉用具を使う
    • 福祉用具レンタル・購入

移乗用具

“介護用ベッドからの移乗”に焦点をあて【立位移乗】【座位移乗】【リフト移乗】の3つのケース別に、これらをサポートするおもな移乗用具とその使用方法をご紹介いたします。

介護に携わる方にとって、もはや職業病ともいわれる「腰痛」。その要因として挙げられるのが「移乗」の介助です。ベッドから車椅子へ、ベッドからトイレへ、車椅子からお風呂へなど、介護の現場には随所にさまざまな移乗場面が存在し、日々繰り返し行われています。「移乗」に伴う負担は、介護する方だけのものではありません。力任せの移乗や無理な体勢からの移乗は、ご利用者に対しても精神的な不安や苦痛を与えてしまう場合があり、さらには転倒事故につながる危険性もあります。
ご利用者と介護する方、両者が安心して安全に「移乗」を行っていただくためには、福祉用具の導入が効果的です。
ご利用者の身体状況や目的に適っていることはもちろん、介護する方の力を考慮された用具選びと用具の活用によって、無理のない環境を整えてください。

立位移乗

こんな方は「立位移乗」が可能です

  • 支持物を使えば立ち上がりはできるが、立位の保持に不安がある方
  • 方向転換に際して、ふらつきやすい方

「立位移乗」をサポートするおもな移乗用具

「介助バー」

サイドレールと違い、介助バーは介護用ベッドにしっかりと固定できるので、動作の支持物としてお使いになれます。
ベッドの高さ調節と連動するため、ご利用者と介助バーの位置関係は変化することがありません。そのため、“起き上がり→端座位姿勢→立ち上がり→車椅子に着座”といった立位移乗の一連の流れの中で、ご利用者は介助バーを手離すことなく次の動作へと移行でき、移乗をスムーズに導くことができます。

「立位移乗器」

車椅子やトイレへの移乗や短い距離の移動にお使いいただけます。
体重が重い方でも少ない介助量で移乗していただくことができます。また、起立姿勢を保つ訓練の役割も果たします。

ポイント

2つ以上の移乗用具を併用することもご検討ください。
例えば、片まひがある方などの場合、ご利用者に介助ベルトを装着して介助するとともに、健側の手で介助バーをつかんでいただくことで、さらに安定します。

座位移乗

こんな方には「座位移乗」が適しています

  • 立ち上がりが困難な方
  • 方向転換に際して、ふらつきやすい方
  • ドスンと、倒れ込むように着座してしまう方

「座位移乗」をサポートする主な移乗用具

「スライディングボード」

ベッド・車椅子・ポータブルトイレなどの間の移乗を、ご利用者が座ったままで行っていただける移乗用具です。
立ったり座ったりといった上下運動や立位での方向転換を省くことで、転倒事故を未然に防ぐ効果があります。 ご使用方法は、ベッドと車椅子の間に「スライディングボード」を渡し、お尻を乗せて、移乗先へとお尻を滑らせます。そのため、車椅子は、アームレストの跳ね上げや取り外しができるものをお選びいただく必要があります。
ご利用者の状態や慣れによっては、「スライディングボード」を使いお一人で移乗していただくことも可能です。

ポイント

床ずれなど、皮膚トラブルのある方の場合は、布製の「スライディングシート」との併用が有効です。
「スライディングシート」は、低摩擦素材を使用しているため、お尻を滑らせたときの摩擦が少なく、また、身体の大きな方でも少ない力で移動できます。

リフト移乗

こんな方には「リフト移乗」が適しています

  • ご自分の力では、端座位を保持できない方
  • 床ずれのある方、床ずれリスクの高い方
  • ご利用者と介護する方の体格差が大きい場合

なぜ「リフト」が必要なのでしょう?

「リフト」

端座位姿勢を保持できない方の場合、人の力に頼った移乗では身体の負担が非常に大きく、転倒などの危険も伴います。
また、床ずれのある方の場合は状態を悪化させる原因になりかねません。
リフト移乗なら、ずれや摩擦の影響が少なく、着座するときの衝撃を大幅に抑えることができます。
リフトをはじめてお使いになる場合、警戒心や恐怖心をお持ちになる方は少なくありません。十分な準備と正しい操作で、安心感を与えたれるように配慮していただくことが大切です。例えば、ご利用者がお使いになる前に、介助する方やご家族が乗ってみせて差し上げたり、ご利用者が慣れるまでは、2人で介助して差し上げます。特にはじめのうちは、介助する方がご利用者の身体に手を添えながらゆっくり吊り上げるなどの配慮によって、ご利用者に安心していただけくことがポイントです。

スリングシートは、身体状況に適したものをお選びください。

ポイント

リフトの吊り具を装着する際は、吊り上げたときに吊り具がずれにくいように、ベッドの背上げ、膝上げ機能を使い、吊り上げる姿勢をとってから装着します。 高さは介助者が作業しやすいように調節します。吊り具を装着した後は、ベッドの高さを低くすることで、ご利用者の高さを変えずに、リフトを移動することが で きます。

関連製品

より安全に、より負担の少ない状態で、身体を持ちあげることができます。

製品をご検討中のお客様へ